リアルタイム追跡型GPS発信機専門店・CloudGPS公式サイト

故障かな?と思ったら、
まずはセルフチェックしてみよう

故障かな?と思ったら、<BR>まずはセルフチェックしてみよう

軌跡が出ない、時刻がずれている…
これって故障?と疑う前に、原因がどこにあるか調べてみましょう。簡単なセルフチェックをするだけで故障かどうかが分かり、不便な症状が改善される場合があります。
こちらの記事では弊社製品のBD50およびBD100を例にしてご説明します。

軌跡がまったく表示されない場合
(移動しているのに軌跡がない)

軌跡が更新されない可能性はいろいろあります。
次のどれかに当てはまっていないか、まずは確認してみましょう。

  • 電池切れ
  • 電波が届かないところにある
  • 第三者に取り外された
  • 落下した
  • 故障した

LEDランプの状態を確認しよう

LEDランプには青とオレンジがあります。
振動を感知すると、どちらのLEDランプも点滅→点灯になります。

青いランプがずっと点滅していて点灯にならない場合

⇒GPS測位ができていない状態です。
次項目の『屋外を少し持ち歩いてみよう』をご覧ください。

オレンジのランプがずっと点滅していて点灯にならない場合

⇒通信ができていない状態です。
通常は1分以内に点滅から点灯に切り替わりますので、弊社までお問い合わせください。

屋外をすこし持ち歩いてみよう

オープンスカイ(空に向かって遮るものが何もない状態)でチェックしてみましょう。
端末に問題がないなら、設置場所や周辺環境の電波状況が原因かもしれません。

それでも軌跡が表示されない場合は、点検に出そう

『CloudGPS』内のお問い合わせかお電話にて、まずは弊社までご連絡ください。
お客様の端末の状態をより詳しくお調べし、必要に応じて点検を承ります。
点検にかかる送料はお客様のご負担にてお願いしておりますので予めご了承ください。

軌跡がときどき表示されなくなる場合

設置場所を見直そう

現在の設置場所は電波が拾いにくい可能性があります。
設置場所を変えるなどしてから現在地表示を再度ご確認ください。

現在地や時刻が変わらない・ずれている場合

青いLEDランプが点滅し、『測位中』になっていませんか?

データに『測位中』と表示されている時はGPS測位が正しくできておらず、位置情報や時刻などのデータも正確ではありません
電波を拾いやすい場所に移動する・設置場所を変えるなどして、きちんと測位ができるようにしてください。
データ精度に『5m』『10m』などと表示されるようになれば、正しく測位が行われたことになります。

充電ができない場合

付属のUSBケーブルを強く挿し込んでLEDランプを確認しよう

充電中は赤いLEDランプが点灯し、充電が完了すると消灯します。
※スリープ中になるとデータ上は充電量が増えていないように見えますが、赤いLEDランプがついていれば充電は行われています。
正しい残充電量を知りたい場合は端末に一度振動を与え、スリープモードを強制的に解除してから再度データをご確認ください。

その他故障と思われるときは、サポートまでお問い合わせください

営業日について

定休日:水・土・日、年末年始・お盆・GWは対応外、その他臨時休業日有
営業時間:平日10時~17時まで

お問い合わせ先

●『CloudGPS』内のお問い合わせフォーム
●メール:support@cloudgps.co.jp
●電話:080-9271-8064(IP電話)

まとめ*セルフチェックをうまく使って快適に使おう

GPS発信機は必ずしも100%の精度を誇る製品ではありません。
人工衛星からの電波を正しく受信することが大前提となります。
位置や時間がずれていることに気がついたら、セルフチェックをうまく使って原因を調べてみてください。
それでも分からないことがありましたら、ぜひサポートまでご連絡ください。